モビットローンの限度額をチェック!

モビットの最高限度額は500万円となっています。「5万円だけ借りたいだけだから、別にローンの最高限度額は気にしない。」「限度額が大きくなっても、ローンは同じローンでしょ?」と思っている方は、キャッシングやカードローンでは限度額はとても重要ということを知っておきましょう。

 

限度額は、キャッシングなどでは金利と密接な関係があるのです。大きな限度額を設定できるということは、それだけ申し込みをする方の信用度が高いということです。カードローンやキャッシングでは、ほとんどが原則として保証人や担保なしで利用できるものなのです。そのため、利用する方自体の信用度が大変重視されるのです。

 

信用度とはどういうものかというと、金融機関側から端的に言ってしまうと「貸した金額を予定通りにきっちりと返済できる確率。」ということになります。担保や保証人がないことで、返済されない場合は即貸し倒れに直結してしまいます。少しでも返済しない可能性がある人物には、お金を貸すことはできません。また返済できる金額以上のお金を貸し付けることもできないのです。

 

金融機関が大きな金額を貸せる、利用者側からしてみれば借りられるということは信用度が高くなっています。そして確実に返済できるという人物には、金利は当然低くなるのです。限度額が大きくなるほど金利は低くなる、多くのキャッシングやカードローンはこういうものであると理解しておいて良いでしょう。

 

もちろん、いきなり何百万円も申し込むというのではなく、利用に応じて利息の負担を軽くするためにも大きめの限度額で申し込むことは実は良いことなのです。限度額いっぱいまで借りなければいけないということもないわけですから、利用者にとってはこれを利用しない手はないというわけです。ただし、大きな限度額を設定してしまうということで、ついつい必要以上の金額をキャッシングし過ぎてしまうことがあります。キャッシング前に返済シミュレーションの見直し(モビットでは会員サイトからすぐにできます。)などをすることで借り過ぎは防げるでしょう。この点だけに注意が必要です。