モビットの金利はこうなっている

モビットの金利は、限度額などに応じて決まります。モビットが決定しますので、申し込み者が希望を出すものではありません。モビットのローンは、貸付利率4.8%〜18.0%(年率)となっています。多くの場合では、初めてモビットに申し込みをする場合は、最高金利から適用されることが多いです。つまり、18.0%の金利で最初は返済することになると考えておいたほうがよいでしょう。利用状況などに応じて、その後金利が低くなることもあります。

 

例えば18.0%の金利で5万円を利用した場合、利用日数に応じて利息を計算するモビットでは、約定返済日よりも早く返済することで利息を軽減するということもできるのです。利用日数に応じた利息の違いを確認してみましょう。

年利18.0%で5万円利用した場合

日数

計算式

5日間利用

5万円×0.18÷365日×5日=123円

15日間利用

5万円×0.18÷365日×15日=369円

30日間利用

5万円×0.18÷365日×30日=739円

(いずれも小数点以下は切り捨て)

 

5日間の利用と、約定返済日までの30日間の利用では利息に大きな違いが見えています。もちろん、週末の2日間だけの利用などもできますので、さらに負担を軽くすることもできるでしょう。

 

他にも借入額を変えることで、利息を変化させるということもできます。

いずれも金利は18.0%、約定返済日までの30日間利用した場合

借入額

計算式

借入額1万円

1万円×0.18÷365日×30日=147円

借入額20万円

20万円×0.18÷365日×30日=2958円

借入額50万円

50万円×0.18÷365日×30日=7397円

(いずれも小数点以下は切り捨て)

 

キャッシングする時には、「せっかくだから。」とか「何度も借りるのは面倒だから。」といった理由で、実際に必要な金額以上を借りてしまう方は多いのです。しかし、1日でも借り入れが短くなることで利息に変化が出るのと同様に、借入額も重要なポイントです。なんとなく○万円でいいかな、といった決め方ではなく、キャッシングする前にしっかりと金額を検討してから、利用するようにしましょう。返済シミュレーションも同時に見直すと、借り過ぎも防げて一石二鳥ですね。

 

金利はローンを利用する方は自分で決めることはできませんが、借入額や利用日数なら自分で計画して決めることができます。もともと安心できる金利のモビットではありますが、使い方によってはさらに利息を上手に抑えられるということも知っておくとよいでしょう。